-C.J(コンタクトジャグリング)とは?-

【はじめに】

コンタクトジャグリングは芸術的側面が強く、人によって解釈が異なる場合があります。

ここではクリスタルボールを使用したコンタクトジャグリングに焦点を当てて解説しています。

【コンタクトジャグリングとは】

コンタクトジャグリング(Contact Juggling)とは、ボールを体に接触(Contact)させた状態で自由に操る技術の事を指します。

代表的な特徴としてボールが浮いているように見えたり、生き物や機械のような動きに見えたりします。

手品のようにも見えますが、道具や体に特別な仕掛けがあるわけではありません。

これはれっきとしたジャグリング技術であり、訓練することで可能になるものです。

※超能力や神通力の類ではないので、実際にボールが浮き上がる事はありません。

コンタクトジャグリングは比較的新しい分野であり、近年世界的に人口が増加し、多くのプレイヤーによって研究されています。

【技法】

使用する主なテクニックは転がす、乗せる、掴む、挟むといったシンプルなものになります。

転がす速度や乗せる箇所、指の使い方や体の使い方の工夫によって高度なパフォーマンスへと昇華します。

技法を大きく分類すると下記の4種類に分けられます。

◆ アイソレーション(Isolation)
通常1つのボールを使い、あたかもその道具が空中に浮いたり固定されているかのように見せる技法です。

◆ ボディロール(Bodyrolling)
1つ、もしくは2つ以上のボールを手や腕、体の上で転がしたり移動させたりする技法です。

◆ パームロール(Palmspinning)
2つ以上のボールを片手、もしくは両手の掌の中で互いに触れ合わせることなく転がす技法です。

◆ モーフィング(Formation & Morphing)
主に両手を使用し、4つ以上のボールの組み合わせで立体を作り、一方の形態から他方の形態へと変形させていく技法です。